那覇商工会議所青年部事務局
〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-2-10
 「那覇商工会議所内」 

TEL:098-868-3758

令和4年度 各委員会紹介

総務委員会

 

委員長 上原 羽寿樹

 総務委員会は、議案の質を追求し、各会議及び委員会の活動や運動を下支えする重要な役割を担っています。那覇YEGの更なる発展に向け、各会議及び委員会との繋がりをより強固なものとし、妥協することなく時代に合わせたYEG活動を継続し、効率的かつ機能的な組織運営を展開する必要があります。
まずは、会議運営を行うために、密接な協力体制を委員会内で構築し、議案に対する期限管理とマニュアルに則した資料の事前配信を徹底することで、生産性の高い会議を設営します。そして、先行き不透明な時代であろうともYEGの動きを止めないために、想定される課題等に対して事前準備を徹底し、開催方式に囚われない機能的な会議を行います。そして、一人でも多くの仲間を迎え入れるために、総務委員会が一丸となって会員に関する有益な時間と活動を行うとともに、今まで以上に那覇YEGの魅力を発信します。

ONETEAM那覇22委員会

 

委員長 盛島 安人

 ONETEAM那覇22委員会では、「交流と研鑚」をテーマに掲げ、交流事業を行います。
 ここ数年コロナ禍において、リアルでの事業開催又は事業開催自体が中止となることが続いておりました。新時代に突入した現在だからこそ、改めて人と人との繋がりが大切だと考えます。会員一人ひとりを知るきっかけになる事業を開催し、個々の能力が発揮できる環境と、那覇経済人が活動する場を提案して参ります。また、会社経営者や会社役員、管理職とは異なった多様な会員が増加している中で、新入会員や既存会員一人ひとりが楽しめて、意義のある活動だと実感でき、それがYEG活動の参加率向上に繋がるような環境づくりを目指して参ります。
那覇YEGの今年度スローガン「縁をキズナへ」を実感でき、会員が意欲的・積極的に活動できる内容を計画して参ります。

ビジネスZENSHIN委員会

 

委員長 照屋 慎

 これまでの暮らしに当たり前のようにあった人とのつながりが大きく変わりつつある中、このような状況下でも企業が発展していくには、会員個人の成長と自企業の安定や発展に取り組み、経済再生から未来へと繋がるビジネスチャンスのきっかけが必要です。
 まず、那覇YEGが人とのつながりの重要さを心から理解するために、先人たちが築き上げた想いや人とのご縁を育み深める大事さを学ぶことでビジネスの成果につながる事業を企画運営していきます。そして、地域との交流や共感意識を得るために、会員間による新たなビジネスチャンスの構築を図り異業種間の共創による新しい芽を生み出します。さらに、会員企業ビジネスに関する情報収集並びにビジネスチャンスの発信促進を図るために、各委員会のビジネスの情報を集約し情報を発信することで自企業の知となり成長へのきっかけを創ります。
 人間力の向上を基に那覇YEGは、人とひとの縁から会員間のビジネスを語り合える環境造りに取り組んで参ります。

ビシっと研修委員会

 

委員長 楠美 朝比古

 近年のコロナ禍の影響もあり、直接的な面談に代わるZoomに代表されるWEB会議ツールの普及、その他にもLINE、TikTokに代表されるSNSツール、農業、調査、貨物運輸といった事業へのドローンの活用といったICTを利用したDX(デジタルトランスフォーメーション)の促進などビジネス環境に大きな変化がありました。加えて、最近は燃料、流通経費及び資材価格の高騰など市場経済の変化、政治面を絡めた社会情勢など含めるとさらにビジネス環境は日々目まぐるしく変化していきます。
 そのような環境下において我々青年経済人が自企業の業務とYEG活動を両立していくためには、会長所信にも書かれているように、個人的にも企業的にも強くなれければならず、会員個人の成長と自企業の安定や発展を欠かすことはできません。そのためにも日々の研鑽、勉強が必要だと思います。
 そこでビシッと研修委員会ではまず、会員企業の発展や会員一人ひとりの資質向上を目的とした時代に合った研修を行い、人と人とのつながりを大切にし、「連帯の証」となるような楽しい委員会交流を企画し、青年経済人としてまたYEG会員としての意思表示を徹底したいと思います。(目指せ!AT回答100%)
 「目配り、気配り、心配り」を大切にしてビシッとしたかっこいい委員会を目指します。

政策提言委員会

 

委員長 儀間 純

 政策提言委員会では、那覇YEGとして、那覇市に政策提言を行っていきます。那覇市が抱える課題、障害者雇用問題・貧困問題・中心市街地が抱える問題・車の渋滞問題・新型コロナウイルス感染症による医療ひっ迫問題、や経済問題…様々な課題があります。那覇YEGとしてできることは何か?那覇市における課題の解決に向けて、会員の皆様の意見を集約し、どのような政策を進めていくべきか研究し、提言作成をしていきます。その過程で政策提言について会員の理解が深まるような事業を実施していきます。
会員や地域社会が求めるニーズに応えていく事業活動こそが、YEG会員の皆様との結束、地域社会の活性化また地域貢献を達成でき、那覇YEGも自らの存在意義を高めることができます。本年度、会長が掲げるスローガンを元に那覇YEG会員一丸となり、人との縁を強いキズナへ繋げ、守る強さと貫く力をもつことでこれからの社会を明るく希望のある社会にしていきます。

広報ブランディング委員会

 

委員長 来間 憲一

 42年の歴史を誇る那覇YEG。地域経済団体としてこれまで多くの事業を積み重ねて来ました。“広報ブランディング委員会”ではこれまでの事業・伝統を継承し、令和4年度からの那覇YEGの広報活動に取り組みます。
 「那覇YEGとはどのような活動をしている組織なのか」「那覇YEGに入会するとどの様なメリットがあるのか」「那覇YEGは楽しいのか」というテーマを主軸に据え、ホームページやSNS、広報誌や県内外各マスコミへ積極的に発信。目的の達成のため、まずは委員会のメンバーと明るく楽しく活動出来る雰囲気作りに努めます。「広報は発信者が明るく楽しいから伝わる」という想いが私の中にあるので、そこを第一歩に致します。
 また、渉外活動も広報の重要な任務となります。昨年度に引き続き「那覇市社会福祉協議会」との連携も引き続き進めて参ります。
 今年度の那覇YEG事業活動を声高らかに、内外へアピールし、那覇YEGというブランドをより輝かせていく事を目指します。

Copyright© 那覇商工会議所青年部 , 2022 All Rights Reserved.